過払い金請求の評判

過払い金の解釈は意外と複雑

過払い金を一言で定義するなら「借り入れの返済時に多く払いすぎてしまった利息分」ということになり、これを返還請求することで、払い過ぎた分を返してもらうことができます。これは法律に関する専門的な知識を持たない私たちが過払い金に対して持っている理解ですが、実際に過払い金の返還請求をしても、私たちが理解しているような単純な計算でお金が返ってくるわけではありません。

例えば、カードローン等何回もリピートして使える借り入れ商品を利用し、一度は完済したけれどその後に再び借りたというケースでは、複数回の借り入れが一連の借り入れとして認められるかどうかによって、過払い金に設定されている10年間の時効の取り扱いが異なります。最後の返済日から10年が経過した時点で時効が成立するため、カードローンなどで何回も利用していた場合だとどこが最後の返済日になるのか裁判所で争点になることはあります。この時、1回ずつの借り入れごとに時効が発生すると解釈をすれば、借入の中には時効が成立してしまうものもあるかもしれませんが、時効内で過払い金の返還対象になる借り入れもあるでしょう。お金を返してもらいたい債務者にとっての利益と、お金を貸した側の債権者にとっての利益は異なるため、過払い金の返還請求をしても、両者の論点が異なって裁判に持ち込まれてしまうことは多いのです。

過払い金の返還請求が裁判に持ち込まれたケースはとても多くあります。法律に関して専門的な知識を持たない私たちにとっては、裁判にすると債権者に言われるとそれだけで恐怖を感じ、不満を持ちながらも債権者の提示する解決案に合意してしまうかもしれません。しかし法律に精通している弁護士事務所なら、そうした債権者に屈することなく、借り入れた債務者にとって少しでもメリットが多い解決法を模索してくれますし、裁判になった場合でも満足できる結果になるように努力してもらうことができます。