過払い金請求の評判

返済中でも過払い金の請求はできる

過払い金の返還請求は、すでに完済している借り入れだけではなく、現在返済が進行中の借り入れに対しても行うことができます。返済をすでに5年以上続けている人なら、とても高確率で過払い金に該当する金額が発生している可能性がありますし、返済期間はそれほど長くなくても過払い金が発生していることは多いので、まずは法律事務所に相談してみてください。

もしも過払い金が発生している場合には、法律事務所が債権者と直接交渉することによって過払い金を返還してもらうことができます。その際、返還された金額は依頼者に現金で支払われるということはなく、まずは借金の返済に回されることになります。つまり、過払い金が発生していれば、かならず借金の残高を減らすことができるわけですし、場合によっては残高を完済した上におつりが出て、現金で返金してもらうことも十分に可能です。

返済中の借入に対して過払い金の返還請求をし、返還された後でも残高が残ってしまう場合、「もしかしたら利息を故意に挙げられたり、返済が一日でも遅れたら厳しい取り立てをされるのではないか?」と債権者からの「復讐」が怖いという人は多いものです。でも安心してください。過払い金を返還してもらったからと言って、その借入の利息を勝手に釣り上げることは法律で認められていないので、債権者はそうした仕打ちをしたくてもできません。また、支払いが一日遅れただけで怖い督促をされるのではないかという点ですが、返済が遅れなければ債権者は督促をしたくてもすることはできないわけですし、いつまでに返済するという点は自分自身でしっかり管理できる部分なので、それほど心配する必要はないでしょう。

返済中の借り入れには、いろいろな種類があります。金融機関からのカードローンやキャッシング、住宅ローンや自動車ローン、医療ローン等各種借入でも過払い金が発生している可能性はありますし、クレジットカードでもキャッシングを利用している人なら過払い金が発生していることは多いようです。