過払い金請求の評判

完済後にも過払い金の返還請求ができる

過払い金の返還請求は、現在返済が進行している借り入れに対してのみ行えるものだと思っている人はたくさんいます。しかし、すでに完済している借り入れに対しても、もしかして過払い金があったのでは?という場合にはぜひ法律事務所に相談して調査を依頼してみてください。もしも過払い金が発生していた場合には、払い過ぎたお金を取り戻すことができますし、場合によっては払い過ぎた分に対して利息が上乗せされて返済されるということもあるようです。

返済が進行中の借り入れで過払い金の返還請求をすることは、債権者から嫌がらせを受けるのではないかと不安に感じる人が多いのですが、すでに完済している借り入れに対してなら、そうした心配はありませんから安心です。過払い金の請求には時効があり、最後に返済をした日から10年以内でなければ返還請求しても受け付けてもらうことができません。完済している場合には完済日から10年となり、お金を借りた日から10年ではありません。間違えないようにしましょう。債権者側が自発的に過払い金を計算して返還してくれるということはありませんから、自分で行動を起こして返還請求をしなければ、返ってくるものもかえっては来ません。それが過払い金の特徴なのです。

ここで大切なのは、返還請求を依頼する法律事務所によって交渉術が異なるため、結果に大きな差が出てしまうという点です。すでに完済している借り入れに対する過払い金は、数字だけを見るとはっきりしていることが多いのですが、交渉次第で満額返ってくる場合もあれば返ってこない場合ももちろんありますし、払い過ぎた金額のみを返還してくれる場合もあれば、そこに利子を上乗せした金額が返ってくることもあります。どこまで借り入れ側に有利な条件で返還してもらうかという点は、弁護士の交渉次第ということになるわけで、どの法律事務所に依頼するかによって交渉術が異なり、結果にも大きな影響が出てくるのです。実績が多い事務所を選ぶのが安心ですね。