過払い金請求の評判

返済中に金利を下げてもらうことは過払い金返還?

金融機関からの借り入れには、カードローンやキャッシングなどたくさんの種類があり、金融機関ごと商品ごとに適用される金利が異なります。最初から良心的な金利で借りられる商品を選んで契約する人もいますが、中にはどうしても今すぐにお金が必要になってしまい、金利よりも今すぐに借りられる所という基準で選んだために、後から冷静になってみると金利が驚くほどに高くてびっくりしたということがあります。金利が高くても、すぐに完済できる場合なら文句を言わずにそのまま完済してしまう人は多いのですが、借り入れた金額が大きいと、当然ですが毎月の返済金額も大きく変わってくるので、毎月の返済をしながら「金利がもっと下がればよいのに」と願うことになります。

金利面で交渉しようと自主的に金融機関に電話をかけて利息を下げてくれないかと交渉した人はたくさんいますし、その中には見事金利を引き下げてもらうことに成功して、毎月の返済金額が少し楽になったという人もいるものです。行動力と勇気があるこの行動は、実は後から過払い金の返還請求を行う場合には、思いがけずマイナスに影響してしまうことがあるので注意が必要です。

過払い金の返還請求では、適用されている利息に焦点が当てられ、過払い金が発生している場合には利息を調整するとともに過払いk分を残高から差し引くことで借金の金額を減らすことができます。法律事務所によって交渉方法やどこまで交渉できるかは異なりますが、過払い金の返還請求は1つの借り入れに対して1回しか行うことができないため、後から「もっと良い条件で返還して欲しい」と再請求をしても認められません。

お金を借りている時に債務者が自ら金融機関に電話をして金利面で交渉をすると、これが「過払い金の返還請求」に該当すると考えられる場合があります。本人に過払い金の返還請求という意識がなくてもです。こうしたトラブルを防ぐためには、金融機関との金利交渉をする場合には、できるだけ法律事務所を通すことがおススメです。