過払い金請求の評判

手続きがスムーズにいきやすいレイクへの過払い金返還請求

2008年に新生銀行のネットワーク傘下に入ったレイクは、テレビCMでもおなじみの知名度が高い消費者金融です。このネットワークにはたくさんの金融機関が名を連ねていますが、過払い金の返還請求に特化していえば、レイクはトラブルが起こる確率はとても低く、比較的手続きがスムーズにいって和解から返金までにかかる期間も2か月程度と短くなっているのが特徴です。

ただし、トラブルが少ないからと言って法律事務所に依頼をせずに法的な専門知識を持たない個人が直接交渉するのは止めましょう。債務者に対して良心的な条件で和解案を提示してくれるレイクですが、過払い金の返還請求をされるということは業者側にとっては損失を被ることになるわけで、決して自発的に返還してくれるというわけではありません。法的な専門知識を持たない人が法律事務所を通さずに直接交渉してしまうと、その場では債務者が満足できるような和解案を提示してくれたとしても、あとから法律事務所に相談すると「もっと返還してもらえたのに」と後悔することもあるようです。

また、消費者金融はそれぞれ利用状況に関する明細書を発行していますが、どこまで詳細な取引履歴を残しているかは業者ごとに異なります。レイクの場合には、過去の借り入れ状況の履歴が一定期間までしか表示されないため、それ以前の借り入れに関しては保管されておらず、過払い金の返還請求をしても対応不可能になってしまうことがあります。時間が経過するとそうした対応になってしまうことがあるので、レイクへの過払い金返還請求を考えている人は、できるだけ早い段階で請求を行うことをおすすめします。レイクへの請求や手続きでたくさんの実績を持つ法律事務所へ相談すれば、きっと満足できる方法で和解できるはずです。

レイクへの請求方法ですが、裁判を起こして請求する方法と、任意で請求する方法があります。任意で請求すると和解案の提示や対応がイマイチになってしまうことがあるため、多くの法律事務所では裁判による返還請求を行っています。そのため、法律事務所に相談する際にも裁判を視野に入れた相談をすると良いでしょう。

本当に便利なカードローン

カードローンを利用したきっかけ

私の実家は建設関係の会社を経営しています。私も大学を卒業し、実家の会社に入社することになりました。しかし私は全く違う分野の勉強を今までしていたので、建設関係の事について全く無知でした。そこで知識を得るために資格を取ろうと決意をしました。しかし、私が取ろうとしている資格は独学での勉強では合格がなかなか難しく、仕事が終わったあとに夜間の専門学校に通うことにしました。この専門学校の費用が50万円でした。とてもそのような大金を用意することができず、カードローンを利用したのがきっかけです。

色々と迷った結果

専門学校のお金を用意するためにカードローンを利用したのですが、他にもお金を用意できる方法はないか迷いました。しかし、私が選ぼうとしていたカードローンは、その日のうちに審査をしてくれ、すぐにお金を貸してくれるものでした。手っ取り早く面倒くさくなくてとても便利だと思い、この方法でお金を借りることに決めました。

専門学校に行って良かった

借りたお金で専門学校に一括でお金を払いました。仕事終わりに学校に行くので、とても厳しいスケジュールだったのですが、大金がかかっていますし、仕事の知識も得ないといけなかったので、勉強を頑張ることができました。そしてしっかりと勉強を頑張ったおかげで、なんとか資格を取得することに成功しました。

自分で決めていること

返済は毎月最低1万円のプランにしました。自分の返済できる範囲で返済プランを決められたことがとても良かったです。また、お金があるときは多めに返済もできますし、コンビニなどで返済できるのでとても便利です。このカードを使えばいつでもお金を借りることができますが、本当にお金が必要なとき以外は絶対に借りません。遊びなどのために借りてしまうとそれがクセになりそうだからです。これが私が心に決めていることです。借りる金額や借りる時を自分なりにしっかりと決められれば、カードローンとはとても便利なものなのです。もしどうしてもお金に困ることがあれば、カードローンがおすすめです。

詳細はこちらへ>>カードローンの比較ランキング