過払い金請求の評判

闇金からの借り入れでも過払い金請求はできるのか?

闇金とは、法的なガイドラインに基づいて運営されていない金融業者のことで、規模が大きなものから個人経営の小さな所まで全国各地に存在しています。もともと法律を無視した経営をしている金融機関ですから、利息面でも利息制限法に基づいて利息の上限が15%~20%と決められているのを守るわけではなく、法外に高い金利で借りてしまう人は少なくありません。闇金からお金を借りる人の中には、まったく知らずに借りてしまって後から気づいたという人もいますが、多くの場合には、ほかの金融機関ではどこも借りることができず、貸してくれる所は闇金しかなかったということが多いようです。

もともと法を無視したルールで運営をしている闇金では、過払い金が発生していることは非常に多いですが、法に則ろうと言うつもりが最初からないわけですから、過払い金の返還請求をしても解決は非常に難しくなります。特に、法律に関する専門的な知識を持っていない素人にとっては、個人が直接交渉しても解決することは非常にまれなので、もしも闇金からお金を借りている人は、過払い金が発生しているかどうかという以前に、速やかに弁護士に相談してください。

弁護士を立てると、闇金からの督促や嫌がらせをやめさせることができます。もしも弁護士を立てているのに闇金から取り立てをされた場合には、それ自体が違法行為となります。多くの場合には、法律事務所に相談して事務所側が闇金に連絡を入れると、それだけで取り立てをストップしてくれることが多いようです。その理由は、弁護士は法律に精通しているため、場合によっては刑事告発されたり口座凍結など法的に対応されてしまうと、闇金としての営業ができなくなり、メリットよりもデメリットの方が圧倒的に大きくなってしまうためです。もしも闇金からお金を借りてしまい、返済できずに督促を受けている場合には、1人で悩んでいても解決することはありませんから、すぐに債務整理などに詳しい法律事務所に相談するようにしましょう。

私の救世主になってくれたカードローン

友人の結婚式

私は数年前にカードローンを利用した経験があります。その当時、給料が少なく自分の娯楽や趣味に使うお金は全くありませんでした。そんなキツキツな生活を送っていた時、友人の結婚式に招待されました。学生時代の大親友ということもあり、お金がないからといって結婚式を欠席することはできません。そこで口コミでも評価の高かったカードローンを利用してみることにしたのです。

安月給の私でも利用できた

私が友人の結婚式に招待された当時のお給料は、僅か月14万円ほどです。これだけのお金で日常生活を賄っていました。そんな状態でも友人の結婚式に招待されたら、お祝いを用意しなければいけません。そんな時に救世主になってくれたのが、カードローンでした。キャッシングの限度額が10万円ほどの少なめの金額設定になっていましたが、手軽に利用できるのもメリットでした。

ストレスなしで利用できる

しかし、初めて利用した時は、不安でいっぱいでした。会社の同僚や上司に利用していることを知られてしまうのではないか、返済時の利息が高額なのではないかなど様々な不安や疑問があったのです。しかし、きちんとプライバシーを守ってくれ、高額な利息を取られることもありませんでした。何よりも嬉しかったのは、ATMで簡単に借入が行えることです。まるで、自分の銀行口座から引き落としをしているような感覚で利用することができたのでストレスが全くありませんでした。

返済計画を立てる

返済も無理なく行えたので良かったです。事前にきちんと返済計画を立ててから利用しましたが、月々1万円ほどの返済でよかったのでストレスになりませんでした。返済をする時には、返済が怠らないように気持ちを引き締めていました。自分の口座の残高が足りなくなり一度だけ滞納してしまった経験がありますが、このような経験をしてからは返済日を意識して生活するようになりました。やはり借金があると居心地の良い生活はできませんから、無理なのない範囲で利用したいサービスだと思っています。

詳細はこちらへ>>カードローン比較ランキング|今すぐお金を借りたい方必見!